PoCで失敗せずに最高精度のAI開発を実現する!

AI開発コンペティション:株式会社SIGNATE

#AI開発 / コンサルティング

株式会社SIGNATEについて

株式会社SIGNATEは、AI開発・運用、AI人材育成・採用など、企業のDX推進やAI活用をワンストップで支援する会社です。

運営するデータサイエンスプラットフォーム『SIGNATE』は《AI/データ分析人材のエンパワー》を目的に、様々な側面から個人と企業・行政機関とのマッチング、そこから生まれる双方の成長及び活躍機会を提供しており、2021年8月末時点で国内最大55,000名のAI人材が登録するコミュニティとなっています。

Society 5.0によってもたらされる大きな変化の一つが「個の台頭」です。社会がテクノロジーと共存する中、働き方や雇用条件など個人を取り巻く環境が大きく変わっていきます。『SIGNATE』が目指すのは、データサイエンスを切り口に『個』をエンパワーし、経済活動における個人の活躍を大きく推進するためのプラットフォームです。

AI開発のステップ

自社のビジネス課題をAIによって解決しようと考えた時には、その開発ステップに応じて様々なハードルがあります。

Step1. 課題の整理とテーマ選定
まずは解決したい自社のビジネス課題を洗い出し、それらの課題の中でAIでの解決に向いているものはどれか?AIでの解決を目指せるだけのデータは揃っているか?AIに求める精度はどの程度か?RoI(費用対効果)の観点から見た時に着手すべきか?等を検討する必要があります。

Step2. データの検証
次に、決めたテーマのAI開発に着手するにあたり必要で、かつ手元に揃ったデータの中身を細かく確認し、量・質ともに開発に耐えうるものなのか?構築すべきデータセットの形はどんなものか?データセットを構築する手順はどうか?データセットを構築する上で問題となることは何か?等を確認します。

Step3. PoC(Proof of Concept)
確認したデータを整形・加工等(データ前処理)及びデータ分析をしながら、課題解決に役立つアルゴリズムを検証の上、開発すべきモデルを見極め、AIのプロトタイプを作成し、その「推論精度」が課題解決を実現しているか?RoI(費用対効果)の観点から開発を継続すべきか?等を検討します。

Step4. 実開発・運用
作成したプロトタイプを実運用に乗せるべく、トレードオフになりがちな推論の「精度」と「速度」のバランスを見ながら改修していきます。実際にそのAIを利用する現場の方々を交えながら運用方針と設計を固め、それに合わせて実装(作り込み)していくことが重要です。

AI開発におけるハードル

上記いずれのステップにおいても、その進行を妨げるハードルが存在します。

- AIに関する知見を有したPMやAIスペシャリストの不在
- 外注しようにもAIベンダーの良し悪しが判断ができない
- 外注AIベンダーから「やってみないとわからない」と言われて発注是非を判断できない
- 外注AIベンダーによるPoC結果の精度評価ができない
- 外注AIベンダーの人月単価が高くてコスパの良いAIを調達できない

上記を解決するAI開発コンペティション

SIGNATEのAI開発コンペティションは、上記の課題を解決する唯一のソリューションです。

AI開発コンペティションは、貴社のビジネス課題を解決するためのAIを、オープンイノベーション形式で開発するサービスです。
貴社が持つ課題とデータを『SIGNATE』上で公開し、それらを元に参加者が様々な手法やアルゴリズムを用いてAIモデルを作成。その推論精度で優劣をつけ、最終的に上位入賞を果たしたAIモデルを、懸賞金と引き換えに調達できます。

コンペの設計次第で参加者数や調達できるAIモデルの精度にバラつきが出るため、当社データサイエンティストが専任で担当。だから、貴社にAIに関する知見を有した方がいなくてもコンペ開催とAI開発を実現できます。

また、広大な探索領域から筋の良い手法やアルゴリズム、データ活用方法を探すAI開発(特にPoCフェーズ)は、人月単価ビジネスかつ精度保証ができないAIベンダーへの発注に向いていません。コンペであれば、1000人を超えるAIスペシャリストが多様なアプローチにてAIモデルを作り、その中で最高精度のものだけを調達できるので、コスパ良い開発手法と言えます。
スクリーンショット 2021-09-01 19.09.33.png

AI開発コンペティション開催事例

▼JR西日本様
1日数百万円のコストダウンを狙う!着雪量予測コンペティション

▼JT様
営業担当者の業務負担を軽減!たばこ商品の画像検出コンペティション

▼アップル引越センター様
引越の需要量を予測し生産性を向上!引越し需要予測コンペティション

▼JAMARC様
AI導入が進まない漁業界に希望を。魚群検知アルゴリズムの作成コンペティション

▼防衛装備庁様
コンペティションだからできる幅広いアプローチがある。オフロード画像のセグメンテーションチャレンジ

※現在開催中&終了済み**コンペ一覧はコチラ**

お問い合わせ

AI開発コンペティションの価格や期間等についてのご質問・ご相談は下記フォームよりお問い合わせください。
https://signate.co.jp/contact.html

対応可能な業種

エンタメ / 水産・農林業 / 情報通信業 / 運輸業 / 教育 / 電気・ガス業 / 製造業 / 不動産業 / アパレル / サービス業 / スポーツ / 建設業 / 鉱業 / 金融・保険業 / 商業 / 医療・福祉 / 食品・飲料 /

企業情報

企業名 株式会社SIGNATE
所在地 102-0081 東京都千代田区四番町6番
ホームページ https://signate.jp/
資料ダウンロード
話を聞きたい